お墓について

建墓にあたっては、石材の加工から基礎工事、据付けまでおよそ3ヶ月ほどかかることがあります。
発注はお早めにしておくのが良いでしょう。

 

完成までの流れ

墓地の場所、形状、広さ、位置、土質などの調査・確認を当社員がいたします。

お客様のご予算、ご要望(形/大きさ/色(石質))をお伺いし、墓石専用コンピュータCADにて設計、フルカラー立体完成予想図をご覧頂きます。

お客さまの気に入ったイメージになるように細部の変更・手直しをいたします。付属品や文字・書体・戒名・家紋をどのように彫刻するか等の細かなところの検討を含め、お見積もりさせて頂きます。

イメージ

 

イメージ

お客様にご検討いただき、納得していただいたうえでご契約させていただきます。この時、納期の確認もいたします。受注後、通常約1ヶ月後完成引渡しになります。

お墓の正面文字、建立日、建立者名、左面文字、御戒名、家紋等の打合せを致します。

お客様より指定されました彫刻文字を清書し、原寸大に墨書きした原稿をお客様へ郵送いたします。誤字、脱字など間違いがないかご確認いただき、間違いが無ければ工場へ手配いたします。

ご注文いただいた墓石を当社提携の工場に発注し製作にかかります。

墓地の土質に合わせた基礎工事をいたします。当社は基礎工事が一番と考え万全を期します。これをおろそかにすると、外柵の巻石がずれたり、お墓が傾いたりする原因になります。

外柵工事、納骨室(カロート)工事、そして石材を組み上げてゆき、完成となります。

完成いたしましたらお電話にてご連絡いたしますので、建立いたしました墓石を当社立会いのもとご確認ください。ご確認をもってお引渡しとさせていただきます。

お引き渡し後、ご不明なことやお困りのことがございましたらいつでもご連絡ください。迅速丁寧にご対応させて頂きます。また、ご法要等のお手伝いも行っております。

 

寿陵(じゅりょう)

生前に建墓する「 寿陵(じゅりょう)」もたいへん縁起が良いとされています。

「寿陵」は「生前墓」ともいい、生前元気な時に建てるお墓のことをいいます。
寿陵はここ数年で急激に増えてきました。その背景には核家族化や墓地不足があります。
核家族化は、家族血縁(個人)の墓を増やし、墓地不足は早めに自分の墓を確保しておこうという動きに結びつきます。
寿陵の場合、墓石に彫刻される生前戒名(宗派によっては法名、法号ともいう。一般的には戒名)の文字は朱色で書かれます。
寿陵は中国でも古くから行われたおめでたい事とされ、古書にも「寿蔵」、「寿穴」、「寿堂」などと書かれています。
生前戒名を朱色で書くのは、朱色はお祝い事の色とされているからです。
仏教の教えの中には、死と生はくり返しめぐる"輪廻転生"という考え方があります。
この考え方でいきますと、自分の墓を建て一度死に、あらためて生まれると、新しい生は長いのが当然ですから長寿につながるのです。
また、「自分の生前にあらかじめ死後の冥福を祈ったり、早死にした子の供養をすること」を"逆修"といい、仏教ではたいへん功徳(くどく)の高い善行とされています。
つまり生前にお墓を建てると言うのは仏教の教えに従った、功徳の高い行為であるといえます。

 

墓石のお手入れ 豆知識

石は案外と傷つきやすいものです。
金属たわしのようなモノで擦るとたちまちキズだらけになります。
スポンジ・ぞうきん等、やわらかい素材のものを使用しましょう。
また洗剤等を用いるときは、薄めた中性洗剤等を用いましょう。

[手順1]  最初に砂・ほこり類をホウキなどで良く落とします。
[手順2]  次に水に浸し軽く絞ったスポンジ・ぞうきん等で丁寧に拭きます。
[手順3]  それでも取れないホコリ・水垢などには、カッターナイフの刃を石の面に水平に当ててこそぎ落とすようにするとキレイに取れます。当然、キズをつけないように注意しましょう。
[手順4]  彫ってある字の中に生えたコケは、使い古した歯ブラシに水をつけて擦ります。石の薄くなっているようなところは、折ってしまわないように注意しましょう。
[手順5]  最後に乾いた柔らかい布で、磨き上げる様に水分を拭き取ります。


傳通院   ペット墓石「ワンハートストーン」  動物供養協議会  西湘ペットメモリアルサービス

(c) 有限会社ヤマト石材